2022年度のお知らせ


【第42回】2030年の社会・テクノロジー研究会(オンライン開催) 日時:2022年11月24日(木)20:00~21:30テーマ:駆け出し診断士の脱サラ・移住・独立奮闘記報告者:植田和典さん(株式会社エンパサイズ/中小

こちらからご覧ください。 ホーム › JAVCERMジャーナル › 2022年度

本年度第2回セミナー『 気候変動関連財務リスクと脱炭素社会への挑戦』を2022年10月31日(月)16:00-17:30で開催いたします。本セミナーは、一般社団法人ジャパン・リスク・フォーラム(JRF)主催、日本価値創造

【第41回】2030年の社会・テクノロジー研究会(オンライン開催) 日時:2022年10月13日(木)20:00~21:30テーマ:中小企業・地方企業のあきらめないメディア戦略 7つの法則報告者:水野泰広さん(日本経済新

こちらからご覧下さい。第16回研究発表大会(第1日)第16回研究発表大会(第2日)

こちらからご覧下さい。ホーム › JAVCERMジャーナル › 2022年度

【第40回】2030年の社会・テクノロジー研究会(オンライン開催) 日時:2022年9月14日(水)20:00~21:30テーマ:観光政策の再検討 「無理しない」観光に向けて報告者:福井一喜さん(流通経済大学)概要:成長

2022年度第1回法人懇談会を8月10日(水)に開催致しました。今回は、昨年度の研究発表大会での発表の中から、最も評価の高かった発表者である小野塚恵美氏(エミネントグループ(株)代表取締役CEO)をお招きして、同氏による

開催日時:第1部 基調講演:2022年9月7日(水)16:00~18:00会場(明治大学グローバルフロント)とオンラインでの同時開催*コロナ禍の状況次第では、オンライン開催のみとする場合があります。第2部 研究発表大会:

【第39回】2030年の社会・テクノロジー研究会(オンライン開催) 日時:2022年8月24日(水)20:00~21:30テーマ:中小企業イノベーションセンター設置についての狙い報告者:小田恭市さん(日本工大MOT/中小

こちらからご覧下さい。 JAVCERMジャーナル > 2022年度

【第38回】2030年の社会・テクノロジー研究会(オンライン開催) 日時:2022年7月27日(水)20:00~21:30テーマ:「プラチナキャリア」人材の活躍が企業の持続的成長のエンジンとなる―若者もシニアも年齢によら

【第37回】2030年の社会・テクノロジー研究会(オンライン開催) 日時:2022年6月29日(水)20:00~21:30テーマ:アジア新興国の人材開発報告者:伊澤映子さん(桃山学院大学ビジネスデザイン学部特任教授)概要

オンラインセミナー『ESG-ERM経営ならびにESG開示情報と株価』を2022年6月22日(水)16:30-18:00で開催いたします。(詳細は、プログラムをご参照下さい。) 参加ご希望に方は、下記のアドレスより参加登録

会員 各位 日本価値創造ERM学会2022年度(第16回)研究発表大会並びに研究発表募集要項のご案内 2022年度(第16回)研究発表大会、並びに研究発表の募集要項は下記の通りです。会員の皆様の積極的なご参加をお待ち申し

会員の皆様へ 5月17日(火)にオンライン開催いたしました年次総会では、各議案につき反対意見はなく、すべての議案が承認されました。 第1号議案:評議員選挙結果の報告 第2号議案:学会規則第9条の改定の件 第3号議案:会長

昨年2月開催のセミナーでの牧野篤氏(人生100年社会デザイン財団代表理事、東京大学教授)の基調報告、パネルディスカッションを受けて、下記の通り、JAVCERM会員並びに100年財団の皆様による6回の「人と組織のあり方研究

【第36回】2030年の社会・テクノロジー研究会(オンライン開催) 日時:2022年5月27日(金)20:00~21:30テーマ:原子力施設の原子力安全向上のための人材育成報告者:大木恵史さん(株式会社ゼロナイズ)概要:

本年度の年次総会は、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、昨年同様オンライン開催することといたします。今年度の事業計画を早めにご理解いただくために、昨年に引き続き5月開催といたします。 開催日:5月17日(火)13:

2022年4月5日 日本価値創造ERM学会 会員各位 2022年度評議員選挙結果及び新評議員のご報告 本学会会則13条及び2022年度評議員選出規程に基づき、3月7日~3月31日の間に行われました評議員選挙の結果および新

【第35回】2030年の社会・テクノロジー研究会(オンライン開催) 日時:2022年4月20日(水)20:00~21:30テーマ:新しい事業創造に向けたIT人材育成報告者:三宅将之さん(日本工業大学大学院技術経営研究科教