第11回研究発表大会 (2017)

 日本価値創造ERM学会 第11回研究発表大会並びに2017年度第3回セミナープログラム

日時: 2017年9月8日(金) 9:50~18:30(9:20受付開始)
場所: 明治大学 アカデミーコモン2階(千代田区神田駿河台1-1)
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

 

○会長挨拶   9:50~10:00    加藤 康之(京都大学)

○<研究報告>  10:00~12:00(各30分)

研究報告Ⅰ:『リスクと価値創造』10:00~12:00 座長:三宅 将之(日本工業大学)

1)「民間企業主導のCreative City Planningに関する研究」
紺野 由希子・伊藤 有希(立教大学・横浜国立大学)
2)「プライベートエクイティファンドによるエージェンシー問題の解決と価値創造」
侍留 啓介(京都大学後期博士課程)
3)「監督者から見た DC のリスク・マネジメントについて」
杉田 健(年金シニアプラン総合研究機構)
4)「gross profitability, corporate governance and equity returns:
Evidence from Japan 」     劉 東(同志社大学・京都大学)

○昼休み   12:00~13:00(理事会 12:00~12:50)
○総会         13:00~13:15

研究報告Ⅱ: 『ESGの評価と投資』13:15~15:45(各30分)   座長:加藤 康之(京都大学)

5)招待講演「GPIFによるESG投資への取組みと今後の展望」
塩村 賢史(年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)投資戦略部エコノミスト/ストラテジスト)
6)「市場が評価するガバナンスのクオリティ」
伊藤 桂一(SMBC日興証券株式調査部)
7)「CSV(共通価値の創造)に基づく運用の可能性」
石川 康(日興アセットマネジメント)
8)「開示情報量と企業による印象管理がESG評価に及ぼす影響についての一考察」
林 寿和(ニッセイアセットマネジメント)
9)「GPIFの選定したESG指数について」
三木 隆二郎(年金シニアプラン総合研究機構)

<2017年度第3回セミナー> 16:00~18:30(15:30受付開始)

『ESG課題への取り組み(仮)』

15:30      受付開始

16:00 -16:10  開会挨拶        加藤 康之(日本価値創造ERM学会 会長 京都大学経営管理大学院特定教授)
16:10-17:10  第1部:  基調講演

「 ESG ~ 非財務情報と無形資産価値創造(仮) 」
張替 一彰(野村證券 金融工学研究センター シニアクオンツアナリスト )

17:20-18:30  第2部:  パネルディスカッション
「企業価値向上に向けたESG課題への取り組み事例(仮)」

<パネリスト>
KPMGあずさサステナビリティ株式会社 代表取締役                船越 義武
株式会社キューブシステム                 経営企画室長                         野村 宗史
日興アセットマネジメント株式会社     株式運用部長              中野 次朗
野村證券 金融工学研究センター     シニアクオンツアナリスト          張替 一彰

<モデレーター>
日本価値創造ERM学会 副会長 日本工業大学大学院技術経営研究科教授  三宅 将之

○懇親会    18:30~20:30