2007年度研究発表大会

日本価値創造ERM学会(JAVCERM)第1回研究発表大会プログラム

日時: 2008年1月11日(金) 10:00~17:30
場所: 明治大学 アカデミーコモン2F(千代田区神田駿河台1-1)

○会長挨拶 10:00~10:10

○研究報告1: 10:10~12:10 (各40分)

■戦略的ERM   座長:三宅 将之((株)野村総合研究所)

「競争基盤が変わる脅威と戦略的ERM」
藤原 浩一(同志社大学大学院ビジネス研究科)

「ERMにおける予測市場の効用とその影響について」
張替 一彰(野村證券(株)金融工学研究センター)

「英国の先進的ERM事例と日本への適用」
阪田 麻紀(セキュラックジャパン?)

○昼休み    12:10~13:30

○総会 13:30~14:00

○研究報告2: 14:00~16:00(各40分)

■企業価値創造の現場   座長:乾 孝治(明治大学大学院グローバルビジネス研究科)

「企業セグメントパネルデータを用いた垂直・水平関係を考慮した利益率要因解析」
小西 健一郎(野村證券(株)金融工学研究センター))

「ビジネスの「現場」における「潜在的ゲームの構造」-企業価値創造の視点から-」
八丁地 園子(明治大学大学院理工学研究科)

「ソフトウェア資産に関する実証分析」
高橋 茂((株)三菱総合研究所/(独)情報処理推進機構)

○研究報告3:  16:10~17:30(各40分)

■オペレーショナルリスク・マネジメント  座長:小粥 泰樹((株)野村総合研究所)

「Webデータを活用したレピュテーションリスク対応手法の構築に向けて」
馬渡 一浩((株)電通)

「信用リスク、市場リスクに跨るオペレーショナルリスクの管理高度化」
樋渡 淳二(埼玉大学経済学部)

○懇親会 18:00~20:00

以上